HOME > 学校紹介 > 校長挨拶

校長挨拶


  愛知県立豊田北高等学校のホームページにアクセスしていただき、ありがとうございます。
 本校は、昭和54(1979)年、全日制普通科の県立高等学校として誕生し、昨年度創立40周年を迎えました。学校創立以来、 「さとく あかるく たくましく」の校訓のもと、社会に有用な人材として1万4千名を超える卒業生を輩出し、地域の中核校であり 進学校として揺るぎない地位を築き上げることができました。これも、これまで本校の教育活動に御協力と御支援をいただきました関 係の皆様方の御尽力のおかげと、深く感謝申し上げます。
 さて、本校生徒は、南には豊田スタジアム、西には矢作川や豊田市街、東には菜の花が咲く田園風景、遠く望めば猿投山や御岳など の山並みが続く、自然、文化、交通に恵まれた環境で、学業はもちろん、学校行事や生徒会活動、部活動など学校生活全般にわたって、 積極的かつ意欲的に取り組んでいます。このような生徒の取組姿勢は、地域や関係者の方々から高い評価を受けており、お陰様で、 学校らしさを持った進学校として周知されています。本校には、創立以来、教育目標として「文武両道」を掲げる中で、「二練四学」 という言葉が受け継がれています。2時間の部活動と4時間の家庭学習という意味ですが、見事にそれを実践している学校です。これが、 本校の強みであり、多くの卒業生によって培われた素晴らしい伝統になっています。これからも、北高生が引き継がなければならない 伝統だと私は思っています。文武両道、勉強も部活動も決して手を抜かない北高生として、輝き続けてほしいと願っています。進路に ついては、きめ細かな進学サポートに学校全体で取り組んでいることが功を奏し、名古屋大学や北海道大学、愛知教育大学などの国公 立大学をはじめ、難関私立大学へも多くの合格者を出しています。部活動では、ボート部の全国大会出場をはじめ、多くの部が東海大 会や県大会への出場を果たしています。しかしながら、この結果に満足することなく、進路も部活動も、より高みを目指して取り組ん でまいります。
 また、平成25年度に愛知県教育委員会からスーパーイングリッシュハブスクールとしての指定を受け、英語のコミュニケーション 能力の向上とグローバルな視野を持った人材育成のため、発信力をつける英語の授業やイングリッシュキャンプへの参加、小中学校と の連携などにも取り組んでいます。さらに、平成27年度からは、希望者を対象としたオーストラリア語学研修旅行も実施しています。
 豊田北高校は、令和の時代に入っても、一歩一歩着実に歩み続けます。ホームページ御覧の皆様の一層の御支援をお願いいたします。 中学生の皆さんにおかれましては、このように、魅力にあふれ、夢と希望の広がる豊田北高校への御入学をお考えいただけたら幸いです。

愛知県立豊田北高等学校長 藤村 文也   


▲PAGE UP